silver coins on white surface

キャッシング利用時の金利と銀行での融資について

どうも、Sydneyです。

消費者金融会社のキャッシングサービスを使う時には、事前に金利を調べておきましょう。

キャッシングの金利はだいたい15%くらいが一般的であり、通常の銀行の融資よりもかなり高くなっています。

金利が違うのは、銀行がお金を貸す場合と、消費者金融会社がお金を貸す場合で、利益の確保の仕組みが異なっているからです。

銀行の融資は借り入れの申込みをした人の資産状況をしっかり審査してから、貸し出しをするかどうか判断します。

また、銀行の融資は目的型ローンであることがほとんどで、何のために使うお金なのかが制限されているものです。

銀行からの融資は、確実に返済ができるそうな人だけを選んで、使い道を限定して融資を行うことで、完済率を高めています。

一方、キャッシングは借りたお金を何に使っても構わないものとされていて、審査の基準も銀行ほど厳しくはありません。


【早い者勝ち!】.com/.net/.jp ドメイン取るならお名前.com

ハイスピードプランの詳細はこちら

消費者金融会社は、貸し倒れリスクが高くなっている特徴があるので、金利を高くすることによってリスクを低減しようとしているのです。

同業他社がしのぎを削るようになった昨今では、キャッシング会社も競って金利を下げ、お客を増やそうとしています。

銀行もキャッシングに参入してきていますが、銀行のカードローンもたくさん借りる人には金利を低くしていて、消費者金融と差別化を図っています。

キャッシングを利用する人は、今すぐお金がいるという事情がある人が少なくありません。

金利よりも、審査の早さを優先してしまう人もいます。

利息の計算は日割りで行われていますので、金利の高いキャッシングを利用した時でも、早め早めに返済することで返済総額を抑えられます。

それでは。

安心のパートナー、ハローハッピーは即日融資です!

One comment

コメントを残す