master card visa credit card gold

医療保険もクレジットカード払い

どうも、Sydneyです。

クレジットカードでさまざまな公共料金の支払いができるようになりました。

また、保険会社もクレジットカードと提携し、保険料の支払いに対応しているようです。

保険料や公共料金をクレジットカードで払った場合、どういった利点や欠点が考えられるでしょうか。

どの保険会社を利用するかによって、クレジットカードの利用条件は違います。

基本的には、最初に保険を申し込む時にカード払いの手配をしています。

必要書類にカード番号を書く場合や、QRコードを読み取るだけで手続きができてしまうという便利な方法も採用されています。

保険契約を結び、その責任を保険会社が開始する日とは、初めて保険料の支払いがあった日か、申込み書や告知書の記入日かの後のほうの日付です。


【早い者勝ち!】.com/.net/.jp ドメイン取るならお名前.com

【早い者勝ち!】.com/.net/.jp ドメイン取るならお名前.com

もしもクレジットカード払いで保険料を払うのであれば、1回目からクレジットカードで払うことができます。

クレジットカードの有効性を保険会社の方で確認できた日ということになります。

そのため、QRコードを読み取る方法であれば早くに確認が可能ですが、申し込み書を提出する場合は保険の開始までにタイムラグが生じることがあるようです。

ポイント特典があるクレジットカードならば、月々の支払いが発生するものに使っているとどんどんポイントが入ります。

ずっと保険に入り払い続けていれば、それだけクレジットカードのポイントも入ります。

保険料は決して安くはありませんが、だからといって割引をしてもらうことはまずできないでしょう。

クレジットカードで支払いをすれば、ポイントぶんの金額は相殺されているようなものですので、多くの人がクレジットカードを活用しているのもよくわかります。

それでは。


スカイマイルならマイルの有効期限なし!【デルタ スカイマイルJCBカード】

コメントを残す