【お城】村上城 -Murakami castle-

続日本100名城 No.131:村上城

Wikipedia(村上城)からの写真

基本データ

  • 築城年代:16世紀初頭
  • 別名:舞鶴城、本庄城
  • 構造:平山城
  • 築城者:本庄氏
  • 主な城主:本庄氏、村上氏、堀氏、本多氏、松平氏、榊原氏、間部氏、内藤氏
  • 所在地:〒958-0835 新潟県村上市二之町
  • 管理団体公式サイト:村上市

概要

村上城(むらかみじょう)は、かつて新潟県村上市に存在した日本の城(平山城)。別名・舞鶴城(まいづるじょう)、本庄城(ほんじょうじょう)。村上市街地東端にそびえる臥牛山(標高135メートル)の頂に築城され、歴代の村上藩主の居城であった。国の史跡に指定されている。

参考:村上城 – Wikipedia

村上城は、室町時代にこの地を支配した越後国人領主・本庄氏が築城したのが始まりとされています。

その後、豊臣秀吉の命で上杉氏の支城期間を経て、1598年(慶長3年)には会津に国替えとなった上杉氏に代わり堀秀治の家臣・村上頼勝が入封し、近世城郭として改修されたようです。

江戸時代以降も堀氏による大規模な改修が行われ、3重の天守が新造、城下町も整備され、今日残る村上城が完成しました。

堀氏の嫡流が絶えたのち、1649年(慶安2年)に姫路から松平直矩が入城。寛文年間に再び大規模な改修が行われました。

この改修では、天守や櫓などが新たに造り直されたようですが、1667年(寛文7年)の落雷により天守等を焼失しました。

その後、村上城は城主が目まぐるしく変わったこともあり、天守が再建されることなく幕末に至りました。

城は山上要害部と山麓居館部に分かれており、江戸時代以降は山麓に御殿・政庁機能が置かれていました。

居館部は山城を背後の守りとして、三方を石垣と堀で囲み三重櫓などで防備を固めていたようです。

天守台のほか、門跡など山上に塁々と残る高石垣は圧巻で、東日本では珍しく石垣造りの近世城郭の遺構をとどめています。

交通

JR羽越本線「村上」駅から徒歩約25分

お城めぐりは総合旅行予約サイトの楽天トラベルへ

周辺の気になるグルメスポット

石挽き蕎麦と和食処 悠流里

村上牛専門料理店 江戸庄

割烹 新多久

書籍

コメントを残す