【お城】大多喜城 -Ōtaki castle-

続日本100名城 No.122:大多喜城

大多喜城模擬天守
チャコさんによる写真ACからの写真

基本データ

  • 築城年代:16世紀前半
  • 別名:小田喜城
  • 構造:平山城
  • 築城者:真里谷(武田)信清
  • 主な城主:本多氏、松平氏
  • 所在地:〒298-0216 千葉県夷隅郡大多喜町大多喜481
  • 管理団体公式サイト:千葉県立中央博物館 大多喜城分館

概要

大多喜城はもともと室町時代末期に真里谷(武田)信清が築いた小田喜城が始まりです。

1590年(天正18年)、豊臣秀吉による小田原平定後、本多忠勝が小田喜城の跡地を整備して「大多喜城」を築いたとされています。

1609年(慶長14年)に難破したスペイン船のドン・ロド リゴ一行が大多喜城下で保護された際、大多喜城が壮麗であったことがロドリゴの 『日本見聞録』に記されています。

構造

南方の夷隅川を天然の外堀として、川に面した段丘部分を利用した平山城です。

半島状の台地に本丸、二の丸、三の丸が連郭式に配置され、各曲輪間を空堀で区画して、三の丸の東と南は水堀が大きく囲まれていました。

なお、本丸跡には現在三重の復興天守が建っていますが、実際に天守建築があったかどうかは分かっていません。

交通

いずみ鉄道「大多喜」駅から徒歩約15分

お城めぐりは総合旅行予約サイトの楽天トラベルへ

周辺の気になるグルメスポット

和食処清恵

ろばた焼 童子

竹仙郷

書籍

コメントを残す